歯周病治療・予防歯科は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ/歯周病治療・予防歯科対応の豊中市の歯科医院(歯医者)

  • トップページ
  • リンク
  • サイトマップ
ネット診療予約
歯周病治療&予防歯科
トップページ > 診療メニュー > 歯周病治療&予防歯科
歯周病について
歯周病歯周病とは、細菌の出す毒素によって歯を支える骨が溶けてしまう病気です。

歯を失う最大原因とも言える歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

歯周病治療歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となる特異な細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。

もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。

また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる恐い病気なのです。
歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。
歯周病の進行段階は、大きく分けて
「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」

という四段階に分けられます。
尚、歯周病は、最近では全身疾患との関係も明らかになってきており、まさに「歯周病は万病のもと」とも言えるでしょう。

菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確率は2〜3倍あります。他にも糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

また、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかってます。

歯周病治療・歯槽膿漏治療は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ


歯周病治療法について
歯周病治療:スケーリングスケーリング
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかを良く理解して頂いた上で、ご自分に合ったブラッシングの方法を学んで頂きます。

日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。
そして強い病原性を持っています。

スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。
SRP
歯周病治療:SRP長期間、歯医者さんで歯石をとっておらず、歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝が4-6mmと深い状態になってしまいます。

この状態になると歯石が歯肉の内側にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRPという処置が必要になります。
この処置によって、ポケットが深い状態を改善することができます。

深いポケットを放置すれば、その部分の歯周病は進行してしまいますので、しっかり歯石を除去することが大切です。

また、このSRPから先の治療は、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。

外科的歯周病治療法について
フラップ手術
骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。

このような場合は、フラップ手術(フラップオペ)といって、歯肉を開いて歯根を露出させ細かい部分まで歯石を取り除きます。歯茎を切開し骨から剥離させ、目に見える状態で歯石や感染した歯茎を取り除き、残った健康な部分を縫い合わせます。

歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、フラップ手術(フラップオペ)に加えてコラーゲンなどの膜を貼り付けたり、エナメルマトリックスと呼ばれる特殊なたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促進させることができます。

再生療法は骨も再生できる最新治療で、手術により元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させることができます。

ただし、進行度合いや状態によっては、適応できないこともあります。

歯周病でお困り・お悩みの方は、豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院に、お気軽にご来院下さい。

歯周病治療・歯槽膿漏治療は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ


予防歯科について
予防歯科の重要性わかば歯科医院では、8020運動を実施しております。

8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。

実際、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

なぜならスウェーデンの人々は、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れの除去や歯や歯ぐきの健康チェック、そして予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。

予防歯科を受けて歯を大切にするという習慣が普通であり、これはアメリカやヨーロッパ各国もほぼ同様です。それに対して日本人のメインテナンス率は約2%です。しっかり定期的に予防歯科(メンテナンス)を受けることによって、天然歯で一生過ごせることが可能になります。

下記に、予防歯科の必要性や予防歯科に関係するPMTCについて掲載しておりますので、是非、詳細をご確認下さい。

予防歯科は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ/PMTC・フッ素塗布など対応の歯科医院(歯医者)


PMTCについて
PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。

PMTC

PMTC30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。

歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。

使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。 気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

【PMTCでしか清掃できないところ】

1.歯と歯の間
鏡を見ながら磨いていても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケア。

2.歯と歯肉の境目
自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。

このように、歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができます。
豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院では、患者様の歯を健康に保つために、患者様に最も適した予防プログラムを作り、PMTCを行っています。

予防歯科は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ/PMTC・フッ素塗布など対応の歯科医院(歯医者)


フッ素による予防
フッ素による予防フッ素(元素記号[F])は、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の一つです。化合力が非常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろは動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれており、私たちは、毎日食べ物や飲み物からフッ素化合物を身体に取り入れています。フッ素や人間の身体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素なのです。

フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対してより強くなります。つまり、フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると一度脱灰した部分の再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。最近の研究では、この再石灰化促進力の方がむし歯予防効果としては大きいといわれています。

フッ化物の塗布は、専門家である歯科医師や歯科衛生士が行います。
フッ化物を塗る時期も、「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、具体的に「いつ」「どのように塗るか」については、歯科医師に相談します。
子どもの頃は、次々と乳歯が抜け、新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年に2〜6回くらい塗るのが適当です。フッ化物ゲルの塗布以外では、フッ化物溶液で綿球を使った塗布法が多く用いられています。
ちなみに、歯ブラシでゲル状のフッ化物を塗る方法は、いろいろあるフッ化物塗布法のなかでも、歯ブラシのため不安感もやわらぎ、短時間ですむので特に幼児に向いています。
フッ化物を塗ると歯が黒くなるという声もありますが、虫歯予防のフッ化物液で歯が黒くなることはありません。歯が黒くなるのは、虫歯の進行を止める為に使うサホライド(フッ化ジアンミン銀)という液を使った場合です。
豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院では、フッ素塗布にも対応しておりますので、予防歯科をお受けになられたい方は、お気軽にご相談下さい。

予防歯科は豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へ/PMTC・フッ素塗布など対応の歯科医院(歯医者)

無料カウンセリング実施中!
歯の事で何かお悩み・お困りごとがございましたら、豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院へお気軽にご相談下さいませ。

豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院
歯周病・虫歯治療・インプラント・小児歯科・無痛治療・ホワイトニングなど

わかば歯科医院の診療時間
わかば歯科医院新着情報

豊中市 歯科医院(歯医者)わかば歯科医院

  • 一般歯科(虫歯治療)
  • 無痛治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
豊中市の歯科医院(歯医者)わかば歯科医院インスタグラム